不動産投資のオーナーになる方法

不動産投資の達人

不動産投資をするにあたり、オーナーになる方法や、オーナーとしての心得は知っておいた方がいいでしょう。

不動産投資の達人メインイメージ

新着記事

不動産投資で購入した物件が後から事故物件とわかった場合

不動産投資を開始してから、事故物件だったとわかった場合はどのように対処すればいいのでしょうか?

不動産投資がサラリーマンに人気の理由

不動産投資はサラリーマンに向いていると言われていますが、なぜサラリーマン向きなのでしょうか?

不動産投資のオーナーになる方法

不動産投資はマンションやアパートを購入し、それを管理して家賃収入を得るというのが一般的です。

・不動産投資のオーナーになる方法は?

不動産投資のオーナーになるには、マンションやアパートを建物ごと購入すればOKです。

★購入先としてはこちらがおススメ-->不動産投資のGlobal Homes

入居者から支払われる家賃収入を利益にします。

オーナーになるには、マンションやアパートを購入する以外にも、いくつかやる事がありますが、何もかも自分でやるわけではないので、実際にいろいろなことをやるのは管理会社です。

・オーナーは何をすればいい?

マンションやアパートを購入して、運営は管理会社に任せるのでオーナーは特に何かをするわけではありません。

入居者を募集する時、入居審査に立ち会う事もできますが、通常は管理会社が行いますので、不労働所得となる事からサラリーマンにも向いていると言われています。

ただしオーナーにもやらなければいけない事はいくつかあります。

家賃収入はありますが、何かあった時のために修繕積立金を用意しておきます。

他にも建物には火災保険や地震保険に加入しないと、何かあった時の補償はありません。

不動産を所有するので固定資産税なども支払わなければいけません。

・まとめ

不労働所得があって、家賃収入があっても全部自分の物になるわけではありません。

管理会社に支払う手数料もありますし、管理戸数にもよりますが、空室率が高いと赤字になる事もあります。

ただしメリットは多いので、賢く運営すれば利回りは大きくなります。